福岡転職プラス

メニューを開く
  1. 福岡の転職・求人TOP
  2. 福岡転職お役立ち情報
  3. 30代での転職は難しい?福岡で転職を成功させる方法についてわかりやすく解説!

30代での転職は難しい?福岡で転職を成功させる方法についてわかりやすく解説!

転職市場 転職ノウハウ

30代での転職は、企業が求めるスキルが20代と大きく変わるため、難しいと思われがちです。 そこで、今回は30代で転職を成功させる方法について解説していきます!

30代での転職のメリット・デメリット

30代で転職を考える理由として、「他にやりたい仕事がある」「会社の将来性が不安」「給与・待遇に不満がある」などが挙げられます。
これまで積んできたキャリアの中で、様々な価値観に触れ、今の仕事とは別のやりたい仕事が見つかる場合も多々あります。
また、30代での転職で年収がアップする人も多くいますので、年収アップのために転職するのも良いですね!
ここでは、転職のメリット・デメリットをご紹介いたします。

メリット①「キャリアアップできる」
30代の転職では、これまでの経験によって得たスキルをもとに即戦力として採用してもらうことがあります。
20代の転職と違い、30代では経験やスキルがしっかりと評価されるため、自身にあった転職先を見つけることができます。
自身のキャリアが企業と上手くマッチすれば、経験とスキルに応じたポジションに就くことができ、転職後さらにキャリアアップすることができるでしょう!

メリット②「年収アップ」
前職で高い実績を残していた場合や、重要なポジションに就いていたりなどプラスαの強みなどがあれば、前職よりも格上の企業に転職することができます。
経験を活かして転職活動を行うので、年収アップに繋がることは多くあります!

デメリット①「未経験での転職が難しい」
未経験でも採用後に育成するので問題ないという企業が多くあるため、20代での転職だと未経験でも転職することができます。
ですが、30代での転職の場合、これまでの経験を活かして即戦力として働いてもらいたいという企業が多いです。
そのため、これまでと違う業種・職種を目指す場合は、難易度が高いことを知っておきましょう。

デメリット②「勤務年数のリセットにより社会的信用が低下する可能性がある」
転職によって勤務年数がリセットされると、前職と比べて社会的信用が低下する場合があります。
住宅ローンや車のローンを組む際、転職してすぐのタイミングだと審査に通らない可能性があります。
ライフプランがある場合や家族がいる場合は、家族と相談することが重要です。

転職の準備に必要なこと

30代での転職では、企業側はこれまでの経験と入社後に任せることができる仕事を重視して選考を行います。
そのため、これまで自身が経験したこと、そこで得たスキル、入社後その経験を活かして何ができるかを明確にする必要があります。
キャリアの棚卸しをすることで、自身の強みを理解し、方向性やアピールポイントを明確にすることができるため、転職活動を始める際、キャリアの棚卸しをすることをおすすめします。
そうすることで、自分自身のスキルを客観的に見ることができるようになります。
それをもとに、自己分析を行い、その企業でどういったことが活かせるのかをまとめて、面接官にアピールしましょう!
また、具体的なエピソードや数字を交えると、自身の経験や実績がより伝わりやすくなるため、できるだけ具体的にまとめると良いでしょう。

また、資格を武器に転職活動を行う方もいますが、資格は様々なものが存在しています。
民間資格の場合、中途採用を行っている企業のニーズに繋がるものは少ないです。
専門的な知識があることや資格取得のために意欲を持って取り組んだことをアピールすることはできますが、
その資格が応募条件に必須ではない場合、時間をもったいなく使ってしまうことにもなるので注意が必要です。
しかし、民間資格ではなく国家資格の場合は、法令上有資格者でなければ行えない業務の場合は、転職活動に役立つでしょう。

そのほか、書類を書く際、面接内容を考える際に、これから受けようとしている企業と自身のこれまでの経験の共通点を探しましょう。
そうすれば、「私のこの経験を活かして御社の業務にこのように貢献することができます」とアピールすることができるようになります。
やる気だけをアピールするとNGが出る可能性が高いので気を付けましょう。
より具体的に自己PRを行い、即戦力として企業に貢献できることをアピールすることが大切です。

30代で転職を成功するには?

30代で転職を成功させるために、次の2点のことを意識すると良いでしょう。

①業界・業種の視野を広げる
30代の転職では、年収アップのためにもこれまでのキャリアを活かして、より良い環境・条件を求める方が多いです。
そのため、同じ業界や業種にこだわる傾向があります。
もちろん同じ業界・業種で探した方が有利な場合もありますが、かなり専門的な知識や経験が必要でない限り、他の業界や業種も視野に入れてもいいでしょう。
他の業界や業種でもこれまでの経験やスキルを活かすことができるので、視野を広げて転職先を探しましょう!
転職先を選ぶ際、スキルや経験を活かすことができるか、やりがいはあるかを基準に考えましょう。
また、自身の適正に合っているかも重要です!
事前に企業のホームページを見ることはもちろんですが、面接の際に社内の雰囲気を見ることが可能であれば、見せてもらうと良いでしょう。

②転職エージェントを利用する
転職エージェントを利用すれば、求人の紹介を行ってくれますし、業界の情報を教えてくれたり、履歴書や職務経歴書などの書類の添削も行ってくれます。
非公開求人という一般には公開されていない求人があるため、自身で探すよりもエージェントを利用した方が多くの求人を見ることができるでしょう。
在職中に転職活動を行う方は、転職活動に使う時間が限られているため、自身の負担を減らすためにも利用することをおすすめします。
面接練習も行ってくれるため、話すうちに自分では気付かなかった強みに気付くこともあります!
第三者の意見を参考にして、自己分析を十分に行い、面接に臨むと良いでしょう。
また、地域特化型のエージェントも存在します。
福岡での転職を希望している場合は、福岡にある企業の求人を多く扱う『福岡転職Plus』を利用すると良いでしょう!
転職エージェントはたくさんありますので、自身にあったエージェントを見つけましょう。

まとめ

30代の転職についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
30代の転職では、これまでの経験やスキルを上手く伝えることが重要になります。
経験を活かして、転職前よりもより良い環境・待遇の企業に転職できるように、これまでの自身のキャリアを振り返って自己分析をしっかり行い、面接に臨みましょう!
また、転職エージェントは基本的に無料で使うことができますので、まずは登録をしてみることをおすすめします。
登録後、エージェントにこれまでの経験や希望条件などを伝えることで、自身にピッタリの求人を紹介してもらえるでしょう。

30代では、20代の転職と違い未経験の分野に転職することが難しくなりますので、新しい分野にチャレンジしたい場合はしっかりと対策を行いましょう。
20代の頃とは異なるポイントでアピールして転職活動を成功させましょう!