福岡転職プラス

メニューを開く
  1. 福岡の転職・求人TOP
  2. 福岡転職お役立ち情報
  3. 職場の人間関係が原因で、転職したくなったらどうすればいい?対処法をわかりやすく解決

職場の人間関係が原因で、転職したくなったらどうすればいい?対処法をわかりやすく解決

転職ノウハウ その他

会社に勤めていると上司や先輩、同僚や部下との付き合い方に悩むことも多くあるかと思います。その状態が続くことでストレスが増え続け、会社を辞めたいと思う方も多くいることでしょう。 今の職場を離れ、次の職場へ移ろうと見切りをつけることは簡単です。しかし、転職した先に自分が理想とする人間関係があるとも限りません。 今回は人間関係に悩んで転職を考えている方へ、辞める前にやるべきことと、考えておくべきことについて説明していきたいと思います。

退職のきっかけになりやすい「職場の人間関係」

仕事を辞めたいと思う中で最も多く理由として挙げられるのがお給料の問題です。業務量に見合った評価や報酬が得られなかったり、同年代の仲間と比べて年収が低いとなっ時に、転職を考える方が多いようです。

お給料の次に転職理由として多いのが、人間関係。その次は業務内容というように続いていきます。多くの人が職場の人間関係に悩んでいたり、人間関係のストレスに悩む中で、環境を変えることでそのストレスから逃れたいと考えているのが実情です。

若年層のビジネスパーソンを中心に職場の飲み会を嫌がる人が多いことが話題に上がるなど、最近では職場の人間関係が希薄になってるというイメージを抱く人も多くいることでしょう。
しかし、キャリアサポートをしていると「仕事をしていくうえで人間関係に不安を感じる」という方や、「仕事を通じて人間関係を広げていきたい」という方が多くいるのも事実です。このように多くの人が仕事をしていく中で人間関係に重きをおいていることがわかります。若年層のビジネスパーソンも、職場の人間関係を大切にしたいという想いや、人間関係を仕事に活かしていきたいという想いはつよくあることでしょう。

自分自身の中で、会社の存在意義を明確にできている方もいます。
会社は仕事をする場所として自分の業務のみに集中することができればいいかもしれません。

しかし、仕事とは人と人が行うものであるため、仕事と人間関係は切り離せない関係にあることも事実です。
人間関係を築いておくと、「余計なストレスに悩まなくて済む」や「業務がスムーズに行える」などメリットもあると感じる人が多いので、逆に人間関係が上手くいかないことで悩んでしまう人も多いのかもしれません。特に、新卒や新入社員の場合、社会人として初めて過ごす環境の中で、幅広い年齢の人と関わる必要があり、同僚以外にも上司との関わりも生まれる職場内での人間関係はより複雑に見えるものです。
学生時代とは気の使い方も大きく変わる為、ストレスを必要以上に感じやすいのも事実です。

良い人間関係を築きたいと思ってしまうからこそ、理想と現実のギャップに悩み、それが仕事に対する不満へと変わってしまっているのかもしれません。

退職・転職の前にやっておきたいこと

例えば、退職を検討したきっかけや退職理由がお給料に関することであれば、業績表や評価面談の場で給与交渉をしたり、「業務内容」を理由に退職したいと思っているのであれば配置転換を希望することで、転職するという選択をしないで済む可能性があります。

これと同じように、人間関係を理由に退職を検討している場合も、転職以外に解決する方法があるかもしれません。人間関係に悩み転職をしたいと考えてる人はどのように行動すれば良いのかを見ていきましょう。


〇身近な人の意見を聞く
仕事内容や働くことそのものに悩んだ時、これは人間関係の悩みに限らず、多くの人が男女問わずとして、勤務先の上司や身近な先輩、家族や親族、同僚、プライベートで交流がある友人や知人など、身近な人物にまずは相談しています。
自分一人で悩んで結論として退職という選択をする人も多くいますが、その意思決定をする前に、まずは身近な誰かに相談してみましょう。

1人で悩むということはどうしても感情的になりやすく、冷静な判断をできなくさせる可能性が高いです。自分以外の誰かに話をすることで、悩みとして抱えていた巣tpレスが軽くなったり、その悩み自体が解決することも多くあります。
自分が信頼を置くことのできる第三者の意見を聴くことで気持ちの整理をしてみるといいでしょう。

先輩や同僚に話をするとよく帰ってくる答えのひとつに、「自分も同じ悩みをもっていた」というものがあります。同じ職場の先輩になると、少し前に今の自分と同じような環境を経験している可能性が高いです。その中で、その先輩が悩みに対してどのように向き合い、どのように解決をしてきたか、直接話を聴くことができます。話を聴いたことで転職という選択肢が自分の中からなくなる可能性もあります。


〇第三者の意見を聞く
人間関係のことで悩んでいる場合、どうしても我慢できないこともあるかと思います。そのような場合は、社内の人事部や、管掌役員に相談をしてみるということもひとつの方法です。
あからまさまな無視など、業務に支障が出るような悪質ないじめを職場の仲間から受けていたり、指導と称して他の社員の前で延々と怒鳴られるというようなパワハラに該当するケースでは、一刻も早く相談をしてください。部署やプロジェクトチームを変えるなど、転職という手段を取らずとも人間関係を新しくできる方法や可能性が見つかるかもしれません。


〇自分の気持ちを振り返る
人間関係に対してストレスを抱えだすと人の嫌な部分が目につきやすくなります。上司が厳しすぎる、人にごまをするのが上手い同僚、仕事がいい加減な部下、こういった人たちと一緒に仕事をしたくないというの気持ちはわかります。一方で、実はこれは自分との価値観が合わないだけかもしれません。

全ての人間い好かれるということが不可能なのと同じように、100人の人に対して平等に好意をもつということも難しいことです。しかし、仕事は友達関係とは違います。価値観の合わない人とも上手に関わっていかないといけないのです。これは価値観が合わない人に対して無理やり自分の価値観を合わせることをしてるので、自分自身が疲れてしまうことは無理もありません。
こういう場合。なじめないものは仕方ない、好きになれないものはすきになれないと割り切ってしまうことも時には必要です、相手に対して失礼な態度をとることはビジネスマンとしてマナー違反になりますが、必要以上に気を使わず、自分の業務に集中するように心がけましょう。過度な批判や悪質な嫌がらせなど、いじめに近いような状態であれば「自分との能力差に嫉妬している」と開き直ることも大切です。気持ちを楽にしてくれるので、ストレスを抱えずに済みます。

自分自身の考え方や接し方を変えていくことで、ストレスをためずに仕事をできるように心がけましょう。


しかしこのように、周りに相談をしてみたり、自分自身の考え方を変えてみても、改善がされない場合や、そもそも会社の規模的に相談や配置転換の希望を出すことは難しいや、社内にいる限り解決できないほど完全に関係が壊れてしまっているという場合は、転職という選択肢をとることで自分自身を一度リセットしてみるのも有効な選択肢かもしれません。

無理を続けて頑張った結果、体や心の健康を失うということもよくあります、追い込まれているなと感じたら転職を視野に入れながら動き出していくことが大切です。

円満退社を目指そう

一度転職を希望したり、辞めたいと考え始めてしまうと、辞めればすべてが解決したような気分になって、自分で選択肢を狭めることになります。
先述した通り、転職をしたところで、転職先に自分自身が理想とする人間関係があるかはわかりませんし、再び同じ理由で転職や退職をするということも考えられます。

退職をするという選択肢を取る前に、まずはなぜ辞めたいかについても時間をかけてしっかりと考えてみましょう。辞めたい理由が人間関係以外にもある場合は、そのほかの解決策も探しておくといいでしょう。他の問題が解決することで、人間関係による悩みやストレスも軽減される可能性があります。

人間関係を理由に辞めるとする場合、将来のキャリアビジョンは最低限もっておきましょう。ネガティブな感情を抱えたまま転職活動を続けても、自分の欲しい結果にはたどり着けません。

辞めたいと思う原因と、その原因はどうすることで解決されるのかを考えていくと「今の会社にはない○○がある会社に入社したい」など、次のステップに向けた前向きなビジョンを画くことができるようになります。

様々な悩みや葛藤を経て、それでも最終的に退職するという意思決定をしたとしても、現諸侯に迷惑をかけるような辞め方はいけません。辞めると自分自身がきめたからという横暴な理由で、忙しい時期に突然退職したり、引き継ぎが中途半端になっていたりすると、残された人は業務内容がわからず後味の悪い気持ちになってしまいます。みんなからの評価も自分勝手でいい加減という後味のわるいものになります。

どうせ退職するんだいあとでどう思われてもいいというのは、ビジネスマナーとしていけません。あとでどう思われてもいいやと思うかもしれませんが、業界内や取引先、退職後の元同僚など、自分の悪い噂だけが広がることになってしまいます。

まったくの異業種に転職したとしても、仕事以外の場面でどこでどう繋がっているかわからないことも多いと思うので、後々の子とも考え、周囲とはできるだけ円満な関係を日頃から築いておくことをおすすめします。